【東京熱】小池愛菜

東京熱に2回目の登場となる小池愛菜です。
僕は前作ももちろん見てますけど、どうなんでしょうかね~。
個人的には今回の作品よりも「鬼逝」の方が陵辱プレイに徹してて良かったように思います。

東京熱「小池愛菜 大輪姦 敏感完璧ボディ 悶絶モロ感輪姦」の感想

小池愛菜は、まずまずスタイルも良いので鬼逝と今作で履いていたタイトなスカートが似合っていて、そこはソソられるところではあるんですが、ルックスが特に美人でもなくオッパイも「普通」なので、そういった女の子の場合はもっと陵辱プレイに徹してもらいたいと思ってます。

というのは、顔が普通の女の子に普通のプレイをさせてるだけだったら、その辺のAVとあまり変わらないからです。

これが、もしとびっきりの美女だったとしたら、プレイがどうのこうのよりも、その子が裸になったりセックスしてるのを見てるだけで十分満足できるんですけどね。
ということでこの作品は、悪くはないものの、ちょっと物足りなさも感じながら見てました。

これは、業界全体について言えることなんですが、そもそも、東京熱が一時期と比べてモデルの女の子の質と量が下がっているのは、無修正動画に対して風当たりが強くなっていた一連の出来事が原因だと思います。
同じ無修正業界のカリビアンコムやHEYZOなども、会員エリア以外での無修正の映像を控えたりと、「自主規制」してたぐらいでしたから。

こういった雰囲気の中では、東京熱に限らず無修正作品に出演しようとする女の子が減ってしまうのは、無理のないことなのでしょう。

でも、ここ最近、各サイトともようやくその「自主規制」を弱めて元の状態に戻りつつあるので、東京熱もいずれ元のレベルまで戻ってくれるのではないかと感じています。
早くまた、可愛い女の子たちがバンバン無修正作品に出演する時代が来てほしいですね~。

ということで、この作品に関しては「普通のモデルに普通のプレイ」だったところに、やや物足りなさを感じました。
東京熱には、もっと東京熱らしさを前面にだした撮影をしてもらいたいです。

東京熱「小池愛菜 大輪姦 敏感完璧ボディ 悶絶モロ感輪姦」のサンプルムービーと詳細

東京熱の特徴・安全性を詳細に評価&解説