2011 無修正動画業界の展望

当サイトの管理人が、初めて無修正の動画配信サイト(カリビアンコム)に入会してから今年で10年目になります。

当初は安全面に対する多少の不安もありながら、しかし、インターネットの普及によって、過激な無修正動画を大量に見られるようになったことへの興奮から、おそるおそる入会したものでした。

それから10年が経ち、今ではそれぞれの実績からすっかり安全面に対する不安感を払拭した数多くの動画配信サイトが乱立する混戦状態となっています。

そんな中、今年の無修正アダルト動画配信業界の展望と注目すべきサイトなどを占なってみたいと思います。

アダルト動画のジャンルには大きく分けて、AV系、素人系、そしてフェチ的趣向に特化したマニア系があります。

中でも管理人が今年最も注目しているのは素人系の勢力争いです。
これまでこのジャンルの中心は、天然むすめとエッチな4610、そこにかつてのViViから大きく飛躍したコスプレ1000人斬りが対抗するという構図でした。

そこへ、昨年の大幅リニューアルを機に一気に人気サイトへと進化したアキバ本舗が加わる激戦状態となっています。

アキバ本舗の躍進は、もちろん彼らのサイトが大きくレベルアップしたことによるものですが、加えてエッチな4610の人気に翳りが見られることも要因のひとつに間違いありません。

もはや”伝統的”とも言えるようなエッチな4610の方向性の定まらない運営が、急激に進化したアキバ本舗などと比べると、どうしても見劣りがしてしまいます。

今年はおそらく新規の入会者数でアキバが4610を逆転するものと思われます。
トップの天然むすめをも抜けるかどうかは分かりませんが、ながらく続いた天然むすめとエッチな4610の両巨頭による支配が終わることはほぼ間違いありません。

素人系に対してAV系はというと、こちらはシンプルなハメ撮り動画をアップすればいい素人系と違い、資金や業界の横のつながりなどのしがらみから、新興勢力が台頭しにくい環境にあります。

結果として、カリビアンコム、一本道、そして他社との配信件問題から身ぎれいになった 2Candys(既に閉鎖) といった大規模サイトが引き続きAV系の人気を独占していくでしょう。

ただ、個人的には最近の無修正に出演するAV女優の質の低下から、AV系、素人系といったジャンルの垣根(レベルの差)は以前より低くなっているように感じます。

ですので、上記のAV系3サイトには、表で活躍する沢山の美人女優を連れてきたり、とびっきりの素人をAVデビューさせるなど、かつてのような新鮮な話題を提供してもらいたいと、ファンのひとりとして願っています。

もうひとつのジャンル、マニア系で注目すべきはDTI系列から離れる問答無用がどのようにして運営を続けていくかです。
すでに新規入会の募集は停止していて、退会する会員も後を絶ちません。

会員を不安にさせるのが一番良くないことだと思うので、今後の運営について、問答無用はサイト上で明確に示すべきだと思います。

一方で、問答無用と同じSMの人気サイト、メス豚2は、この好機を生かしきれていません。
もっと打つべき手はあるように思いますが、むしろSMとも呼べない東京熱に会員は流れているような気がしています。

表の美人女優や美人素人を次々と登場させる東京熱の人気は、ジャンルの違いを超えて今年も続いていくことでしょう。