アイドル刺傷事件の岩埼友宏容疑者が出ていた発禁AV

アイドル刺傷事件の岩埼友宏容疑者がAVに出ていたようです。
殺人未遂事件の容疑者がAVに出ていたというのは、初めてのケースではないでしょうか。

テレビでも再三報道されていたので、みなさんもよくご存じだとは思いますが、岩埼友宏容疑者は、5月21日、東京小金井市のマンションの前でアイドル活動をしている冨田真由さんの首や胸など20か所以上をメッタ刺しにした事件の容疑者として逮捕されました。

このAVは2014年7月に発売されたもので、今回の事件の後、メーカー側はすぐに同作品を販売中止にしていますが、「ANIME RANKING」(現在当サイトではANIME RANKINGをお勧めしていません)というサイトから配信しているのを発見しました!

AVの中の岩埼友宏容疑者はやっぱり変わった男だった

岩埼友宏容疑者が冨田さんに向けて発信したツイッターの異常な内容に、「こんなに頭のおかしなヤツがいるんだ」と感じていた人も多いかと思います。
私もそう思っている1人です。
その上AVにまで出ていたわけですから、「相当に変なヤツ」に違いありません。

岩埼友宏容疑者が出演していたのは波多野結衣の作品で、内容は「波多野結衣が童貞君の初めての相手をしてあげる」というものです。
出演する男性は、面接時の会話内容から童貞であることを確認できた人たちだけだそうで、岩埼友宏容疑者もセックスの経験がない童貞君ということで参加していました。

岩埼友宏容疑者

始めはヤル気十分だった岩埼友宏容疑者は、初めて触る(?)女性の胸に興奮したのか、波多野結衣のキレイなオッパイを「柔らかい」と言いながら揉みしだいていました。
フェラしてもらっている時には、「噛んで欲しい」とか「痛いぐらいが気持ちイイ」などと、変態っぷりを発揮する発言もしていました。

しかし、いざ挿入という段になると、緊張のせいなのか萎えてしまってなかなか挿入できません。
ようやく入ったかと思うと、すぐにまた萎え、結局は波多野結衣に手コキしてもらって、なんとかフィニッシュさせてもらってました。

岩埼友宏容疑者に同情の余地はないが…

岩埼友宏容疑者の行った卑劣な行為に同情の余地はまったくありませんが、もし、あえてひとつだけ同情できるとしたら、彼がなぜ心の中にこれほど屈折した感情を抱くようになったのかという、「そこに至る経緯」についてです。

私も1人のモテない人間です。
恋愛に関しては、辛い思いばかりを経験してきました。だからといって犯罪を犯そうなどと考えたことはありませんが、しかし、誤解を恐れずに言えば、岩埼友宏容疑者の心の奥底にある闇と、「そこに至る経緯」を、私もわずかながら経験してきたように思います。

以前、あるダッチワイフ職人の話の中で、「誰だって好きになった人に愛されたい。愛し合ってセックスしたい。でも、みんながみんなそう出来るわけではない」と話す職人がいました。
同じ心境を共有している人は男女を問わず、世の中にたくさんいるのだと思います。

岩埼友宏容疑者が出演していたAV作品

メーカーは発売中止に。でも、ANIME RANKINGのVIP会員なら見られる

この作品に、岩埼友宏容疑者が出演していたことが確認された直後にメーカー側は、即発禁の処置をとりました。
そのため、オークションサイトに出品されていたDVDは、なんと5万円の値段が付けられていたそうです!

管理人注:現在当サイトでは「ANIME RANKING」をお勧めしていませんが、同じ作品が「マル穴のピカデリー」というサイトから「アイドルを刺した岩崎容疑者がAVに出演してた」というタイトルで配信されています。