ホリエモン・プロデュースのNinaが顔を公開

5月3日のコラム「堀江貴文氏がAV女優Ninaをプロデュース」で、ホリエモンこと堀江貴文氏がNinaという名前の新人AV女優をプロデュースする企画をご紹介しましたが、そのNinaが7月5日、SODのホームページで素顔を公開しました。

初めて彼女のブログ(既に閉鎖)に掲載された写真を見た時は、映りが良くなかったのか、正直「えっ、」と思うほど、とても売れそうには思えないルックスに見えました。

その後、SODにアップされた画像や、彼女のブログのヘッダー顔写真を見て、Ninaが非常に美人であることに気付きました。
ただ、顔の作りがすごく派手なので、好き嫌いがハッキリ分かれるタイプだと思います。
ホリエモンさんは、以前原紗央莉のファンだとも言っていましたし、日本人ばなれした派手な顔立ちの女性が好みなのでしょう。

堀江貴文氏がAV女優Ninaをプロデュース

あと、巨乳という点も共通しています。
Ninaは身長158センチで、バストは86センチのEカップ。原紗央莉は身長165センチに85センチEカップのバストをしています。

Ninaは現在デビューに向けて、堀江氏からさらにカラダを磨くよう言われていて、ジムに通いエクササイズに励んでいるそうです。

前回ホリエモンの企画について触れた時も、これほど準備を万端整えてデビューするAV女優は初めてだろうと書きましたが、まるでタレントを一人育てるかのように用意周到に事を進める仕事ぶりに、寿命の短いAV女優にそこまでする必要があるのかどうか疑問も感じます。

ただ、”並みの人”ではない堀江氏には、単なる一人のAV女優として以上に、Ninaに期待する部分があるのかも知れません。