ムラムラってくる素人のサイトを作りました

2009年7月1日にオープンした長い名前のサイト、「ムラムラってくる素人のサイトを作りました」が早いもので開設から一周年を迎えました。

昨年から今年の前半にかけて、沢山のサイトが誕生しました。
特に素人系のサイトが多く、昨年2月にオープンした「ガチん娘!」、同じく4月の「女体のしんぴ」、9月の「娘姦白書」、10月の「おんなのこ☆だいすき」、さらに今年に入ってからも3月に「J素人パラダイス」と、まさに素人サイトの開設ラッシュとなっています。

一昔前でしたら、アダルトビデオの撮影には事務所に所属するAV女優を使い、撮影スタッフや機材を揃え、セットも用意する必要があるなど、なにかと費用の掛かるものでした。
しかし、当時はそれが当たり前のことで、まさかその辺にいる特に美人でもない素人の女の子のセックスがお金になるなど、誰も考えつきませんでした。

ところが、プロとして演じるAV女優のセックスより、ごく普通のどこにでもいる女の子のセックスの方が、リアリティが断然高く、興奮させられることにアダルト動画を見る側の人たちが気付き始めたのです。

しかも、一本のAVを製作する費用に比べると、モデルの女の子に支払うギャラはAV女優より断然安く、ハメ撮りの場合などはその他に掛かる経費も比較にならないほど低くおさえられるとあって、素人動画は作る側にとっては、コストパフォーマンスの非常に高い、”おいしい”商売のネタでもあります。

そうした中、2005年1月に誕生したエッチな4610が大ヒットし、続いてオープンした天然むすめもそれ以上の人気となったことで、今ではすっかりアダルトの主要ジャンルとして、素人サイトが乱立するかっこうとなっています。

昨年から続く素人サイトの開設ラッシュもそうした流れによるものですが、難点はスター性があるわけでもない普通の女の子の動画を集めても、サイトごとの差別化が図りにくいことです。
「おんなのこ☆だいすき」が単独での活動をあきらめ、HEY動画に吸収された例のように、特にライバルサイトを凌ぐウリがないと、ユーザーに受け入れてもらうことが非常に難しい状況です。

そこで、「ムラムラってくる素人のサイトを作りました」は、先行するエッチな4610や天然むすめと違いを出そうと、よりリアルな映像にこだわったようです。
他の多くの素人サイトが、プロでない一般女性を扱ってはいても、基本的にはAVと変わらない作り方をしているのに対し、「ムラムラってくる素人のサイトを作りました」では、素人系の重要な要素であるリアリティを表現するために、よりドキュメンタリータッチな映像で動画が作られています。

また、サイトの異様に長いタイトルも、そのコンセプトとライバルとの違いを表すためのものでしょう。
素人系の良さは普通の女の子の、通常の生活感を感じられることにある、と思われる方には「ムラムラってくる素人のサイトを作りました」は最高のサイトだと思います。

「ムラムラってくる素人のサイトを作りました」の公式サイトへ