東京熱の新作更新は止まったまま。もう陵辱AVは見られない?

陵辱プレイが好きで東京熱に入会した人にとっては、オリジナルの陵辱作品の更新がストップしてる現状が残念でならないことでしょう。
僕も、もちろんそう思っている1人です。

なので、今、この東京熱会員日記では、僕が過去にダウンロードしておいた東京熱作品の中から、まだレポートしてなかった動画を順番にご紹介している状況です。

何年も前の作品ばかりを今さらレポートしてることに、当ブログを見に来てくださっている方々に申し訳ない思いがしています。
また、僕自身も、出来ることなら東京熱の新作(オリジナルの陵辱作品)を、もう一度この東京熱会員日記でご紹介できる日がきてくれたらと思っているのですが…。

2017年10月からオリジナルの陵辱作品の更新がストップしている東京熱

ロープで拘束し沢田莉愛をレイプ!東京熱ならではのシーン。
ロープで拘束し沢田莉愛をレイプ!東京熱ならではのシーン。

東京熱の陵辱作品の更新が止まったのは、今から1年ちょっと前の2017年10月のことです。
新作動画の更新が止まる数ヶ月前から、実は “兆候” があって、それは更新頻度が極端に低下したことでした。

もともと、東京熱の陵辱作品は週2回更新されていたので、毎月約10本は新作動画が追加されていたことになります。

ところが、新作の更新が止まる数か月前からは、1本の動画を前編と後編の2つに分割し、それぞれを毎週火曜日と金曜日に配信するスタイルに変わっていきました。
ですので、本数的には単純にそれまでの半分になってしまったわけです。

しかも、新作の数が減っただけでなく、”質の低下” も明らかでした。
つまり、東京熱の出演モデルといえば以前は、「美女」であることが代名詞だったのに、そうでない女性が目立つようになってきてたんです。

この時期、東京熱側からは、更新頻度の低下について一切コメントはありませんでした。

そこで、僕は東京熱にこれらの経緯について質問のメールを送りました。
このことは、以前、「東京熱に問い合わせたところ『新作の追加は未定』とのこと」として書きました。

✅ 東京熱側の返答を改めて記載すると、

お問い合わせ頂きありがとうございます。
今後のことは検討中ですが、本編の新作更新は現在のところ止まっております。
しかし、その代わりTokyo-Hotは他社レーベルの参入を現在続々と受け入れており、総合サイト化を果たしました。
東京熱の売りであった本編動画は増えておりませんが、それ以外のコンテンツは今後も増加していきます。

という内容でした。
要するに、

「東京熱が新作の陵辱作品を配信する予定はない」

ことがハッキリしたというわけす。

東熱作品特有の「女性蔑視」は時代が許さない?

女性を完全にモノとして扱う東京熱の作品。今も多くの陵辱マニアに支持されてます。
女性を完全にモノとして扱う東京熱の作品。今も多くの陵辱マニアに支持されてます。

この一連の、「本数と質の低下」に関しては、東京熱に限らず、実はAV業界全体をとりまく “深刻な課題” となっているんです。

その理由は、昨今の人権擁護、あるいは女性蔑視に対する世間の厳しい視線です。
発端となったのは、例の「AV出演強要問題」あたりからなんですけど、そこから世間の風潮が、

「女性の人権を無視したかのような内容のAVは許さない」

といった流れを生んでいくわけなんです。
なにせ、法務省のホームページにまで、「アダルトビデオ出演強要及びJKビジネス問題に係る相談窓口について」という窓口ができているぐらいですからね。

そりゃ、東京熱のように「女性を肉便器呼ばわり」しては大勢で中出ししまくってる動画は完全にアウトとなってしまってるのが実情です。

⇒ 東京熱のオリジナル陵辱作品リスト

新作の「陵辱モノ」を制作できないAV業界

女性を乱暴に扱うAVは、今の時代制作すること自体が難しくなってきた。
女性を乱暴に扱うAVは、今の時代制作すること自体が難しくなってきた。

以上のような流れから、「女性を蔑視したような内容の作品は自粛しよう」という動きがAV業界内に生まれてしまいました。
東京熱のような陵辱専門ではない、例えばカリビアンコムなんかも、「密室陵辱」とか「性欲処理マゾマスク」といった陵辱系の人気シリーズの更新をあえて控えているぐらいですからね。

まして、陵辱プレイ専門の東京熱にとっての打撃は相当なものがあったと想像できます。

そして、これらの風潮は同時に、陵辱作品への出演をAV女優たちが控える動きにも繋がっていくんです。
結果、陵辱作品に出演する女優のギャラの高騰をまねき、さらに陵辱作品の制作を困難なものにさせていくことになっていきました。

レイプや輪姦、強制放尿、オシッコ飲ませたり、ウンコ舐めさせたり…。そんな東京熱作品は今や幻。

つい1年前までは、過激な陵辱プレイをAVで見るのは当たり前のことだったんですけどね~。
たった1年でこれほど “世の中” が変わってしまうとは想像すらできませんでした。

僕たち東京熱会員にとっては寂しい限りの時代になってしまっているわけですけど、まぁ、見方を変えればより健全な世の中になったと言えなくもないかもしれませんね。

もう一度、

「AVは現実ではなくファンタジーの世界だからAVの陵辱プレイはOKなんだ」

という時代が来てくれることを期待して待つことしか、われわれには出来そうもないですよね…。

で、今では完全NGとなった東京熱作品が、どんなプレイをしていたかをちょっとだけですけど振り返ってみましょう。

表の人気女優、水谷あおい(東京熱では市川留美)にもオシッコさせちゃってましたねぇ。
表の人気女優、水谷あおい(東京熱では市川留美)にもオシッコさせちゃってましたねぇ。
広瀬まみが、足やワキやオマンコのニオイを嗅がれまくってました。これも女性には辛いプレイでしょう。
広瀬まみが、足やワキやオマンコのニオイを嗅がれまくってました。これも女性には辛いプレイでしょう。
有名女優の吉沢咲良(大城かえで)にだって容赦なく強制放尿させてました。
有名女優の吉沢咲良(大城かえで)にだって容赦なく強制放尿させてました。
ザーメン入りカレーを食べさせられる石山亜衣。女性団体が見たら発狂しそうなプレイ。
ザーメン入りカレーを食べさせられる石山亜衣。女性団体が見たら発狂しそうなプレイ。
橋本美帆に無理矢理挿入。AVでも、今の時代は合意がないのに入れちゃダメなんです(笑)
橋本美帆に無理矢理挿入。AVでも、今の時代は合意がないのに入れちゃダメなんです(笑)
ウンコした男のケツを舐めさせられる茅ヶ崎ありす。衝撃的なシーンでしたけど、これも女性団体が怒り狂うシーンでしょう。
ウンコした男のケツを舐めさせられる茅ヶ崎ありす。衝撃的なシーンでしたけど、これも女性団体が怒り狂うシーンでしょう。
小林るなを拘束。女性を裸にして縛るなんてヤッちゃいけません。
小林るなを拘束。女性を裸にして縛るなんてヤッちゃいけません。
いろんなモノを突っ込まれて血が出ちゃった西園寺れおのオマンコ。このブログにも削除依頼が来るかも(汗)
いろんなモノを突っ込まれて血が出ちゃった西園寺れおのオマンコ。このブログにも削除依頼が来るかも(汗)
オシッコさせられたうえに、それ(もちろん本物)を飲まされる足立まりえ。こんな動画はもう作れない。
オシッコさせられたうえに、それ(もちろん本物)を飲まされる足立まりえ。こんな動画はもう作れない。

といった感じで、ほんのちょっと振り返っただけなのに、東京熱のプレイがどれだけ女性の人権を無視した内容だったかが伝わってきますね。

特に、ウンコを舐めさせられた茅ヶ崎ありすや、自分のオシッコを飲まされてた足立まりえの映像は強烈に印象に残ってます。

東京熱の過去の陵辱作品に関しては、まだ配信停止になってない

激しい陵辱プレイに意識が飛びかける木下祐里。こんな映像は東京熱でしか見られない!
激しい陵辱プレイに意識が飛びかける木下祐里。こんな映像は東京熱でしか見られない!

というわけで、おそらくもう東京熱のような陵辱AVが作られることはないでしょう。なにしろ、女性がますます強くなってきてる世の中ですからね。

上に掲載した画像にしても、どの画像を使おうかいろいろと過去作品を見返していたわけですが、

「本当に東京熱作品はもう終わってしまうのか」

と思うと、なんとなくノスタルジックな気分にもなってきちゃいました。

ただ、今のところ幸運なのは、東京熱の過去作品がまだ東京熱のサイト内に存在してるということですかね。
これだけマニアな僕でさえ、まだ見てない作品もあるぐらい、膨大なストックが東京熱にはあります。

それらの過去作品を、ひとつづつダウンロードしていくのが、当面の僕の楽しみになりそうです。
とにかく、東京熱から過去作品が削除されないことを祈るしかありません。

⇒ 東京熱のオリジナル陵辱作品リスト

東京熱の詳しい解説を見る