開設から1周年を待たずに閉鎖が決定した金髪ヤローSチーム

「金髪ヤローSチーム」が閉鎖されることとなりました。
正式な閉鎖日は未定となっているものの、既に1ヶ月以上の会員の入会は受け付けていません。

「金髪ヤローSチーム」については、当サイトでもオープン当初から注目しており、レベルの高い洋モノサイト「金髪ヤローSチーム」誕生や、「金髪ヤローSチーム」が予想以上の人気に!など、これまでに何度も採り上げてきました。

初めての日本人向け洋モノサイトだったのに

「金髪ヤローSチーム」がオープンするまでの洋モノ動画といえば、外国人が外国人の為に作ったもので、ケバい外国人女性の野性的過ぎるセックスや、あるいはカメラワークなどにしても、われわれ日本人の感覚とは合わないモノがほとんどでした。

しかし、「洋モノとはそういうもの」という見方が常識とされている中、2013年12月に誕生したのが「金髪ヤローSチーム」でした。

「金髪ヤローSチーム」では、日本人の男優が金髪女性とセックスし、日本人の撮影スタッフがカメラを回すという、外人モノが好きな日本人が、待ち望んでいた映像を作り出していました。

その新しい手法が話題となり、開設当初は順調に会員数を伸ばしていました。

私自身も、すぐに入会し、可愛過ぎる「金髪ヤローSチーム」のジェイミーや、カルメン 日本人好みの金髪ギャルなど、過去の洋モノに出てくる金髪女性とはまったくタイプの違う、日本人男性が好みそうな金髪ギャルと日本人男性とのセックスを楽しむことが出来ました。

金髪ヤローSチームの入会画面
長期会員の募集を終了した金髪ヤローSチーム

今回の「金髪ヤローSチーム」の閉鎖理由に関しては、今のところサイト側からの説明がまったくない状態なので分かりませんが、特殊なコンテンツをコンスタントに制作していくことの難しさ、あるいはニッチな市場で思うように会員を集めることが出来なかった、などの理由が考えられます。

いずれにせよ、確実にターゲットが存在するコンテンツを持つサイトが、しかも、開設から1年を経ずに撤退してしまうということは、非常に残念でなりません。

2014年10月8日追記:
「金髪ヤローSチーム」から閉鎖に関するスケジュールが発表されました。それによると、

2014年10月31日 – 新規会員の募集を全て停止
2014年11月30日 – 新作の更新を停止
2015年3月31日 – サイト閉鎖

となっています。
貴重な、日本人による洋モノ作品を収集したい人は、10月末日までに入会する必要があります。

2015年4月1日追記:
「金髪ヤローSチーム」は2015年3月31日をもって閉鎖されました。
現在、「金髪ヤローSチーム」の作品は、「Hey動画」から単品販売されています(Hey動画での販売も終了)。