カワイ子ちゃんが勢ぞろい!金8オリジナル特集

「金8天国」が10周年を迎えました。
当サイト(アダルト総合研究所)でも、2010年2月5日付の記事で「金8天国の魅力」についてご紹介しましたが、あれからもう10年も経ったんですね~。ちょっと信じられない気がします。
というのも、「金8天国」の誕生は、それまでの「洋モノAV」のイメージをガラっと変わるほどのインパクトがありましたから。

「金8天国」は生き残り「金髪ヤローSチーム」は閉鎖した

「金8天国」は生き残り「金髪ヤローSチーム」は閉鎖した

2010年のオープンから今年で10年となる「金8天国」に対して、それより後の2013年12月に誕生した「金髪ヤローSチーム」は、2015年3月には閉鎖されています。

僕はこの両サイトについては、内容から、どちらかというと「金髪ヤローSチーム」の方を推していましたし、おそらく業界内でもの評価も同じだったと思います。
なので、当サイトでも何度も「金髪ヤローSチーム」の作品を紹介してきました。

ところで、この「洋モノ」というジャンルには、「金8天国」と「金髪ヤローSチーム」以外にも、「ワールドコレクション」や「エッチな0930ワールド」というサイトがあって、洋モノというニッチなジャンルの少ないパイをこれらのサイトで奪い合うカタチになっていました。

そういった厳しい環境にあった中、実力ナンバーワンと見られていた「金髪ヤローSチーム」が、実際には真っ先に姿を消すこととなってしまったわけです…。

「金8天国」が洋モノというジャンルを支配している

カワイ子ちゃんが勢ぞろい!金8オリジナル特集

もちろん、サイトの閉鎖理由は、必ずしも売上の問題だけではないかもしれませんので、単純に「金髪ヤローSチーム」よりも「金8天国」の方が売れていたとは限りませんが、ともかく、現状では「金8天国」が洋モノというジャンルを支配していると言っても過言ではない状況となっています。

僕は、このアダルト総合研究所を運営して10年以上になりますが、感覚的にも、あるいはデータ的にも「洋モノ」はあまり日本人男性にはウケないようです。

そもそも日本人男性はロリ好きな人が多い「民族」だと感じるので、その正反対にいるような金髪女性というのは、われわれ日本人男性にとって「性の対象」にはなりにくいように思います。

そんな「難しいジャンル」でもある洋モノサイトを、「金8天国」が日本に定着させたのにはハッキリした理由があると、僕は思っています。
それが、「金8天国」の「メニュー」の、動画リストの次にある「日本人男 VS 金髪娘」というカテゴリーです。

「金8天国」の人気の秘訣は、金髪女性に日本人男性が好むセックスをやらせるから

「金8天国」の人気の秘訣は日本人男性とのカラミ

昔の洋モノAVは、当然ながら外人同士がセックスをしていたわけですけど、その外国人同士のセックスが、「どうも日本人の感覚には合わないセックス」でした。

あちらの女性は大っぴらというか、恥じらいがないというか、そのことが、洋モノというカテゴリーが日本に定着しなかった大きな原因のひとつだと思うのですが、「金8天国」では男優に日本人男性を起用することで、「洋モノAV」を日本人の好みに合うプレイスタイルに変えてくれました。

プレイスタイルさえわれわれ日本人男性の好みに合えば、金髪女性は素材としては文句なしに美しい(もちろんモデルによって差はありますが)わけなので、「洋モノ」であっても見てみたいと思う人が増えるのでしょう。

これこそが、「金8天国」が日本人男性に受け入れられ、なお且つオープンから10年が経過しても、人気サイトであり続けている理由だと思います。
あと、最後にもうひと言付け加えるならば、この4、5年の間に数多くのアダルト動画配信サイトが閉鎖を余儀なくされていった時代の中、洋モノという難しいジャンルで、10周年を迎えた「金8天国」は、大したものだと思います。

「金8天国」の公式サイトはこちら