つぼみ

ロリとパイパン好きのサイト「無毛宣言ザ・ムービー」の週間ランキングを見ていて、あらためて思いました。
ロリ系の女の子というのは、可愛過ぎるのは良いことではない、ということです。

先週のダウンロードランキングで、TOP3に入っているのが以下の3人です(写真は動画よりやや可愛く写っています)。

名羽瞳
1位:名羽瞳
甲斐友美
2位:甲斐友美
中谷あかり
中谷あかり

ロリっ子の人気ランキングには「普通の子」が上位に入る

ロリっ子に、特にエロさを感じない私などには、それほど魅力的とは思えない女の子たちが上位を占めているように感じます。
実際、この子たちが、例えば天然むすめのようなレベルの高い素人サイトに出演したとして、上位に入れるでしょうか?
個人的には、「ない」のではないかと思います。

そいう意味で、ロリ系というのは、熟女系同様やはり特殊なジャンルだと言えます。
ただ、その特殊なジャンルの中では、ロリ系は比較的層の厚い方で、ロリマニアに人気のAV女優の「つぼみ」などは、常に人気ランキングの上位に顔を出しています。

ロリマニアに大人気のつぼみ
ロリマニアに大人気のつぼみ

つぼみの人気ぶりについて、先日、あるAVメーカーの人が、その秘訣を語っていたのですが、それによると、「とびっきりの美少女ではない」ところがイイのだそうです。

つぼみは、例えて言えば、「クラスの10番目に可愛い女の子」だそうで、そのことが、手の届かない高嶺の花ではなく、よりリアリティのある存在としてファンがとらえられる、のだそうです。

言われてみれば、分かるような気もします。
私は先日、街でトリンドル玲奈を偶然見かけたのですが、テレビで見るのとは違う、あまりの美しさに、「もし学校や職場に彼女のような人がいたとしても、美し過ぎて自分とは違う次元の人、としか見えないだろうなぁ」と感じました。

それと同じような感覚なのかもしれません。
その傾向が、他のAV系や素人系といったジャンルより、ロリ系において顕著に表れることも、ロリ系サイトのひとつの特徴だと思います。

管理人注:無毛宣言ザ・ムービーは2017年6月をもって閉鎖されました。