堀江貴文氏がAV女優Ninaをプロデュース

元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文氏は、自身のブログにも度々AVに関する記事を書いています。
彼が気に入っているという原紗央莉との対談などもありました。

そして今回、AVメーカーのSODから、NinaというAV女優のデビューをホリエモンがプロデュースすることが発表されました。
無名の新人を一流のAV女優に育て上げていくという企画です。

ホリエモン自身も4/28付けのブログで最後の方に少しだけですがこのことについて触れています。

Ninaというのはホリエモンが付けた名前で、彼女のブログ「Nina’s Report」(閉鎖済)は既に開設されています。
まだ顔写真などは公開されていませんが、1991年生まれの19歳で、スリーサイズが86(E)/59/84ということは発表されています。
どんなモデルなのか見るのが楽しみですが、これほどデビュー前から注目されているAV女優はいないでしょう。

ホリエモンがSODからデビューするNinaをプロデュース
ホリエモンがSODからデビューするNinaをプロデュース

それにしても、彼ほどの有名人がおおっぴらにAVについて話したり、実際に仕事に係わるというのは信じられない気もします。
今後の活動に影響したりはしないのでしょうか?

ここ数年、元グラビアアイドルや元芸能人などが、活動の場をAV業界に求める動きがあります。
芸能界とAV業界の垣根が徐々に取り払われてきているのは事実でしょう。
今回のホリエモンとSODの企画も、売れない芸能人のAVに対する抵抗感をやわらげることにつながれば、われわれユーザーとしては、非常に喜ばしいことです。