超リアルな最新のダッチワイフ

先日、ある深夜番組にダッチワイフを製造している会社の職人さんが出演していました。
その人の話がすごく心に響いたのでご紹介します。
彼曰く…

そりゃああんまりでっかい声で言える仕事じゃねえけどさ。
おれの仲間でも娘にバレて何年も口聞いてもらえなかったって奴いるしさ。
ダッチワイフなんて言ったら気持ち悪いとか、変態とかさ。
女性差別だって抗議に来た団体もあったよ。
でもさ、ソープもそうだけど、だ~れもソープやダッチワイフと寝たいなんて思ってる男なんていねえんだよね。
誰だっていい女とちゃんと恋愛して、惚れられてセックスしたいよね。
でもさ、皆が皆そんなこと出来ないじゃない。
ましてや障害者の人なんてそんなにしょっちゅうソープ行くほどお金貰ってないしさ。
昔、一回ある施設に寄付したときがあってさ、一人の障害者が
「ソープとか行っても何となくいやな顔をされてるのが分かる」って言って
自分らの寄付したダッチワイフをいとおしそうに受け取ってくれたんだよね。

それ以来おれは例え人におま人形って言われても、
すこしでもあういう人達が喜んでくれるような人形を研究したいわけよ。

いかがでしょうか?
ダッチワイフ職人の話しですが、アダルト動画サイトにハマっている自分自身とダブるところがあって、悲しいような切ないような、なんとも言えない気持ちになりました。

男の寂しさを癒してくれるAVとダッチワイフ

このダッチワイフ職人さんが言うように、男なら誰だって純粋に女性を好きになって、その好きな人と愛し合ったうえでセックスしたいと思うものです。
でも、ひとりの女性を純粋に好きになっても、その想いを相手が受け止めてくれるかどうかとなると…。この世の中そううまくはいかないものです。
私の場合、何度人を好きになっても、自分が傷つくだけで終わることがほとんどでした。

オリエント工業のアンジェ
思わず襲い掛かりたくなるほどリアルなオリエント工業のアンジェ

アダルト動画もダッチワイフも、人生思うように行かない多くの男性の為に、なくてはならないものだと思います。

管理人注:オリエント工業のラブドールは1体約65万円と非常に高価ですが、それよりも遥かに安価で且つ完成度も高いキスドールという会社のラブドールがお勧めです。
詳しくは「安い!キスドールのラブドールは手が届く値段」をご覧ください。