動画の Ayami(青山千尋) にがっかり

週末の3連休を使って、録りだめしておいた動画をいろいろと見ていました。まずまず満足のいく作品が多い中で、期待はずれだったのが 「SKY ANGEL Vol.112」の Ayami(東京熱の青山千尋) でした。

動画紹介のページにあったのが下の1枚目の写真です。
一見ギャル系の可愛いさですが、ケバさはなく清楚な雰囲気で、これを見たら誰もが期待せずにはいられないと思います。

ところが、ムービーをダウンロードして、最初に現れたのが2枚目の写真です・・・。

まず、左の写真との違いにがっかりし、その後、話し方と話す内容にがっかりさせられました。
当サイトは、皆様に管理人がお勧めのAV女優や動画サイトをご紹介するためのサイトですが、それは失敗を防ぐという意味がありますので、そういった意味で、 Ayami に関しては動画紹介用の写真のみを参考にせず、ここで掲載しているムービー内の画像も判断材料にしていただけたらと思います。

この、Ayami の”ギャップ”について思うのは、DVDの製作会社が実際のモデルよりも上手く撮れている写真を使うことのマイナスな部分です。
製作したムービーを売るために、キレイに映っている写真を使うのは分かりますが、それが行き過ぎつるとユーザーを騙していることと変わりありません。

Ayami 動画の画像
作品紹介用の写真とずいぶん印象の違う Ayami

昔、よく風俗店で、写真を見て女の子を指名すると、まったく別人のような人が立っていて唖然とさせられたことが何度かありますが、それと同じような気分を今回久しぶりに味わいました。

もっとも、この場合は風俗店の女の子に何の責任もないように、Ayami 自身にも何の責任もありあません。
彼女はごく普通に自分の仕事をこなしているだけです。

さらにフォローするなら、Ayamiは美人でもなく、スタイルも特にいいというわけでもありませんが、相当なスケベで淫乱で、コテコテの大阪弁でエロい言葉を連発します。
そういったエロさを求めている人にはすごく刺激的なAV女優かも知れません。

大阪弁でエロい言葉を連発するAyami
大阪弁でエロい言葉を連発するAyami

彼女の動画を売り込む会社側が、そのような彼女の特徴を前面に出していればよかったと思うのですが、加工したかのような写真を使ったがために、少なからず期待を裏切られたと感じているユーザーもいることでしょう。

管理人注:2Candys は、2012年3月1日より X1X.com へとリニューアルされました。また、現在、当サイトでは X1X.com 等、TMP(メディアプラネッツ)系列のサイトをお勧めしていません。