アダルト動画も3D化する?

最近は映画をはじめ次世代のテレビとしても3Dが注目されています。
これまでの2次元の映像と比べてより立体的に見えるということで、大幅に映像のリアリティが増すとのことです。

そうなってくると、アダルトな動画にそのリアリティを求めるの当然の成り行きでしょう。
ビデオ、DVD、インターネットとアダルト動画業界は、常に新しい技術を貪欲に追求し、利用してきました。

アダルト動画が、その流れの次に来るの3Dへと進化していくことは間違いありません。 ただ、広く普及するには立ちはだかる障害もあります。
まず第一にコストの問題です。3Dの撮影にはカメラが2台必要で、編集作業も複雑になるなど、コストはこれまでの映像と比較して30%増えるそうです。
また、アダルト動画は通常自宅で見ることがほとんどですが、3D対応のテレビが普及するまでは、業界としても3Dに進出するメリットがない、ということです。

あるアダルト業界関係者は3Dのリアルな映像を認めており「実際にAV女優と同じ部屋にいるよう」な感覚を味わえるとのことですが、「今はまだお金がかかり過ぎるので無理」とも話していました。

この関係者が言う「AV女優と一緒にいる感覚」を是非とも体験してみたいものです。
あと何年待てばいいのでしょう?しかし、多くの空想でしかなかった技術を現実化してきた人間のことです。しかも、3Dはもはや現実的な技術として、すぐそこにあります。そう遠くないうちに「AV女優と一緒にいる感覚」を味わえることでしょう。

羽月希の3D作品
「3D-EROS.NET」で羽月希を3Dで観ることができる

ちなみに、すでに3D体験を謳っている「3D-EROS.NET」というサイトがあります。仕組みはひと世代前というか、二つに横並びされた同じ映像を同時に見るという方法です。立体的に見えるようになるには多少の慣れが必要なようですが、興味のある方はのぞいて見てはいかがでしょう?